本規約は、クオント株式会社(以下「クオント」といいます。)が運営するQuant(第1条にて定義します。)を利用するお客様(第1条にて「クライアント」として定義します。)とクオントに適用されます。

第1条(定義)

本規約にて用いる用語の定義は、別段の定めのある場合を除き、以下の各号に定めるとおりとします。

  1. 「Quant」とは、第2条で定める機能を提供し、クオントが運営するサービスをいいます。
  2. 「Quant導入メディア」とは、タグ等を設置する対象として、クライアントが設定したクライアントが運営するウェブサイト又はアプリケーションをいいます。
  3. 「SDK」とは、クオントがお客様に対して提供する、アプリケーションのパフォーマンス計測等を目的としたソフトウェア開発キットをいいます。
  4. 「アカウント」は、Quantを利用するために必要となるID及びパスワードをいいます。
  5. 「ウィジェットタグ」とは、第三者が提供するソーシャルブックマーキングのプラグインをひとまとめにしたプラグインを表示(非表示にする設定も可能)し、各種ソーシャルブックマーキングでのシェア数などのデータをクオントが取得することができるタグをいいます。
  6. 「エンドクライアント」とは、Quant導入メディアに記事又は広告等の掲載を行う個人又は法人をいいます。
  7. 「基本タグ」とは、ウェブページに組み込むことにより、「①Quant導入メディアのパフォーマンスデータ」、「②ユーザーの行動履歴データ」「③第三者が提供する各種ソーシャルブックマーキング(Webページのシェア・レコメンドなど。以下同じ)でのシェア数などのデータ」を、ユーザーの一意性を示すためにQuantから発行されブラウザ内に保存された識別情報を経由して、クオントが取得することができるタグをいいます。
  8. 「クライアント」とは、Quantの利用を申込んだお客様及びクオントがQuant利用の申込を承諾したお客様をいいます。
  9. 「クライアント保有データ」とは、クライアントが保有するユーザーに関するデータをいいます。
  10. 「クライアントユーザー」は、クライアントが追加したアカウントを利用する全ての者を総称していいます。
  11. 「クリエイター」とは、Quantに情報登録しているランサー及びクライアントが登録したライターを個別に又は総称していいます。
  12. 「タグ等」とは、基本タグ、ウィジェットタグ及びSDKを個別に又は総称していいます。
  13. 「本サービス」とは、本契約に基づきクオントがクライアントに提供するサービスをいいます。
  14. 「本レポート」とは、本サービスにより作成されたレポート(本規約に基づきクオントがクライアントから提供を受けたクライアント保有データをクオントによる分析に供して発生した二次的データを含みます。)をいいます。
  15. 「ユーザー」とは、インターネットその他の通信手段又は電磁媒体を通じて Quant導入メディアを利用する者をいいます。なお、ユーザーが閲覧・使用する際の端末機器は問わないものとします。

第2条(Quantの提供機能)

Quantによりクオントからクライアントに提供される機能は以下の通りとします。

  1. ウィジェット
    クライアントがウィジェットタグをQuant導入メディアに組み込むことにより、各種のソーシャルブックマーキングのプラグインをひとまとめにしたプラグインを表示し、SNS等への拡散やQuant導入メディア内の回遊を促す機能をいいます。
  2. レポート
    クオントが取得した以下のデータを加工しレポート形式にして表示する機能をいいます。
    1. クライアントが自ら運営するQuant導入メディアのパフォーマンスデータ
    2. ウィジェットを利用したユーザーの行動履歴に関する統計データ
    3. ユーザーの一意性を示すためにQuantから発行されブラウザ内に保存された識別情報から取得したユーザーの行動履歴に関する統計データ
    4. 記事に紐づいたクリエイターのパフォーマンスデータ
    5. Quant導入メディアに掲載されている記事のタグ付けデータ
  3. ポートフォリオ
    クリエイターのプロフィール及びパフォーマンスデータ情報を閲覧・検索できる機能をいいます。

第3条(契約の成立)

  1. クライアントは、Quantの利用をクオントに対して申し込むために、必要事項を所定のwebページから入力又は申込書に記入し、クオントへ送信又は送付するものとします(当該送信又は送付した内容を以下「申込書」といいます。)。
  2. クオントが、前項の申込みを承諾するときは、クライアントに対して、書面又は電子メールにより、Quantを利用するために必要となる情報を通知するものとします。かかる通知をクオントが発信した時点で、 クオント・クライアント間において、本規約に基づく契約(以下「本契約」という)が成立したものとみなします。なお、申込書及びサービス仕様書等は、本契約の一部を構成します。
  3. 申込書に本規約と異なる条件が規定された場合、クオントが当該申込みを書面により承諾した場合に限り、申込書に規定された条件が適用されます。
  4. クオントはクライアントによっては申請を承認しないことがあり、その理由については開示義務を負わないものとします。

第4条(契約期間)

本契約の有効期間は、前条第2項に基づき、クオントが承諾の通知を発信した日から解除、解約その他の事由により本契約が終了する日までとします。

第5条(ID・パスワードの管理)

  1. クオントは、クライアントに対し、本契約の履行のために必要な範囲において、Quantを利用する権限を付与します。
  2. クライアントは、アカウントを善良なる管理者の注意をもって取り扱うものとし、第三者に貸与、譲渡、担保の設定その他これらに類する行為を行ってはなりません。
  3. クライアントは、自ら又は自らの従業員に使用させることを目的として、自らの権限の範囲内で、自らの責任において、自ら又は自らの従業員に対して、アカウントを発行することができます。
  4. クライアントが前項のアカウントを発行した場合、クライアントはクライアントユーザーに対して、本契約と同等の義務(第10条第1項を除く)を負わせるものとします。また、クライアントユーザーの行為は全てクライアントの行為とみなされるものとします。
  5. アカウントの管理不十分、紛失、使用上の過誤、第三者の使用等に関連し、クライアントに生じる損害に関する責任はクライアントが負うものとし、クオントは一切の責任を負いません。
  6. クライアントが、第三者にアカウントの管理及び操作等の代行業務を委託することを希望する場合には、クライアントは、(i) 管理代行者とすることを希望する者の名称及び連絡先、(ⅱ) 管理代行者に管理を委託することを希望するアカウント、(ⅲ) その他クオントが指定する情報をクオントに申請し、クオントの書面による承諾を得るものとします。この場合、クライアントは、本契約及び本規約の内容を管理代行者に遵守させるものとし、管理代行者の行為につき、本契約上の一切の責任を負うものとします。

第6条(データの収集等)

  1. クライアントは、自ら運営するQuant導入メディアの全てのページに、クオントが指定する基本タグ又はSDKを埋め込むこと、及び次の各号について承諾したものとみなします。
    1. 自ら運営するQuant導入メディアのパフォーマンスデータをクオントに提供すること。
    2. 自ら運営するQuant導入メディアを閲覧したユーザーのコンピュータ端末等からの行動履歴データをクオントに提供すること。
    3. 自ら運営するQuant導入メディアに掲載された記事データを、クオントが独自のアルゴリズムでタグ付けしクラスタリングすること。
    4. 自ら運営するQuant導入メディア上に掲載されているソーシャルブックマーキングでのシェア数などのデータをクオントに提供すること。
  2. クライアントは、自ら運営するQuant導入メディアに、ウィジェットタグを埋め込むことにより、各種ソーシャルブックマーキングでのシェア数などのデータをクオントに提供することを承諾するものとします。
  3. クライアントは、Quant導入メディア内に、クオントが指定する行動履歴データの取扱いポリシーにページ遷移するリンクを設定するものとします。また、クオントは、当該遷移先のページの内容を、随時、任意に変更することができるものとします。
  4. クオントがQuant導入メディア上で収集したユーザーの行動履歴その他全てのデータ及び情報並びにその分析結果にかかる情報(以下「本件情報」という)は、クオントに帰属するものとします。
  5. クオントは、本件情報及び第6項に基づき提供を受けたクライアント保有データを、本サービスの開発、向上のため利用することができ、また、クオントの裁量で、ユーザーや対象メディアを特定できない形での統計的な情報として第三者に開示及び公開することができるものとし、クライアントはこれに異議を唱えないものとします。
  6. クライアントは、クライアント保有データをクオントに提供する場合、ユーザーからかかる提供についての承諾その他必要な手続をとらなければなりません。
  7. クライアントがクライアント保有データをクオントに提供する場合、クライアント保有データをクオントによる分析に供して発生した二次的データに関する著作権その他の権利は、クオントに帰属するものとします。ただし、クオントは、クライアントとクオントとの間の契約で定めるところにより、クライアントに対し、当該二次的データの使用を許諾することができます。

第7条(クライアントの保証、責任)

  1. クライアントは、自ら運営するQuant導入メディアの運営を停止する場合(事由の如何を問わない)、事態の詳細及び復旧の目処その他クオントが必要と判断する事項を事前にクオントに通知しなければなりません。
  2. クライアントは、第3条第1項に定める申込みに際してクオントに提出した内容について虚偽、誤記または記載漏れが無いよう十分確認を行うものとし、また、内容に誤り又は変更があった場合、速やかにクオントへその旨及び正しい内容又は変更内容を通知するものとします。

第8条(プライバシー)

クライアントは、クオントが個人情報として使用又は認識できる情報をクオントに送信したり、第三者によるかかる行為を支援又は許可したりしないものとします。

クライアントは適切なプライバシーポリシーを用意及び遵守し、訪問者からの情報を収集するうえで、適用される国内外のすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。クライアントはプライバシーポリシーを公開し、そのプライバシーポリシーで、クライアントがインフォマティブデータを収集していることを必ず通知するものとします。また、Quantを使用していること、及びQuantでデータが収集、処理される仕組みについても必ず開示するものとします。この情報の開示は、https://insight.quant.jp/optout へのリンクを目立つように表示することで実施可能です。クライアントは、ユーザーの Cookie その他の情報の保存又はアクセスが本サービスに関連して発生する場合、国内外の法令等を遵守するものとし、法令等により求められる情報の提供、同意の取得その他必要な手続を行うものとします。

第9条(本サービスの運営の停止等)

クオントは、次の各号のいずれかに該当する事由が生じたとき、又はこれらに該当するおそれがあると判断したときは、事前にクライアントに通知したうえで、本サービスの運営の全部又は一部を停止することができるものとします。ただし、緊急の場合又はやむを得ないときは、かかる通知を事後遅滞なく為すことで足りるものとします。

  1. 運営のために必要となるサーバ、ソフトウェア等の点検、修理、データ更新等の必要があるとき
  2. 運営のために必要となる設備の故障その他やむを得ない事情があるとき
  3. 電気通信事業者が電気通信サービスの提供を停止したことにより、運営が困難となったとき
  4. Quantの内容が第三者の権利を侵害し、若しくは何らかの法令に違反していることが判明したとき、これらに該当するおそれがあるとクオントが判断したとき、又はこれらに該当すると第三者より申立てを受けたとき
  5. 地震・洪水その他の天災地変、火災、ストライキ、戦争・内乱、政府による規制、その他クオントが制御できない事由が生じたとき

第10条(契約の終了)

クライアント又はクオントは、相手方に契約を終了させたい期日の1ヶ月前までに通知することにより、Quant又は本契約の全部又は一部を終了することができるものとします。

第11条(免責)

  1. クオントは、本サービスに関連してクライアント、ユーザー又は第三者に生じた損害について、クオントの故意による本規約又は本契約違反の場合を除き、責任を負いません。
  2. クオントは、本レポートの情報について、正確性、完全性、最新性、合目的性等を保証せず、クライアントはこれを承諾するものとします。
  3. クオントは、第9条各号に定める事由により本サービス又はその機能の全部又は一部の運営が停止又は廃止されたことにより、クライアント、エンドクライアント、ユーザー又はその他第三者に損害が生じた場合といえども、何ら責任を負いません。
  4. クオントは、クライアントの逸失利益及び特別の事情によって生じた損害について、いかなる場合においても責任を負わないものとします。

第12条(権利関係)

  1. Quantに関する知的財産権は全てクオント又はクオントに権利を許諾している者に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、本規約に明記されている場合を除き、クオント又はクオントに権利を許諾している者の知的財産権の移転又は使用許諾その他いかなる権利の移転又は付与も意味するものではありません。
  2. 本レポートその他本サービスに関して新たに生じた著作権その他一切の権限は、第三者に留保されるものを除き、クオントに帰属するものとします。クライアントは、本契約の期間中、エンドクライアントに対し本レポートの利用を再許諾することができます。

第13条(遵守事項)

  1. クライアントは、以下の各号に定める事項を遵守するものとします。
    1. 本サービスの利用にあたり適用される法令等を遵守するものとします。
    2. Quantに関連するソフトウェアの複製、改変その他クオントの知的財産権を侵害する行為を行ってはなりません。
    3. クオントの事前の書面による承諾を得ることなく、クオントの商号、商標及びロゴマークを使用してはなりません。
    4. クオントが指定する方法以外の方法でタグ等を利用してはなりません。
    5. Quant導入メディア以外にタグ等を設置してはなりません。
    6. Quantの提供又はタグ等の動作を阻害する一切の行為(タグ等の変更、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、動作を阻害する装置の使用、技術をコピーするための行為等を含みますがこれに限られません。)を行ってはなりません。
    7. クオントの事前の承諾を得ない限り、Quant導入メディアを日本の市場向けに限定しなくてはなりません。
    8. タグ等を通じて個人を特定できる情報をクオントに送信又は預託してはなりません。
  2. クライアントは、クオントより提供されたタグ等の仕様にかかる権利が、クオントに帰属するものであることに同意するものとします。クライアントは、タグ等を、本規約及び本契約(以下「本契約等」といいます。)の履行以外の目的に使用してはなりません。
  3. 本契約が終了する場合、クライアントは、契約終了日までに、クオントより提供されたタグ等を自ら運営するQuant導入メディア内から全て削除し、クライアントユーザーのアカウントを全て削除しなければなりません。

第14条(反社会的勢力の排除)

  1. クオント及びクライアントは、自己若しくは自己の役員、重要な地位の使用人、又は経営に実質的な影響力を有する株主が、現在、以下の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し、保証します。
    1. 暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、準暴力団、準暴力団に属する者、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等その他これらに準ずる者(以下総称して「暴力団員等」という。)
    2. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有する者
    3. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有する者
    4. 自己若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってする等、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有する者
    5. 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与する等の関与をしていると認められる関係を有する者
    6. 役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有する者
  2. クオント及びクライアントは、自ら又は第三者を利用して、以下の各号に掲げる行為を行ってはなりません。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為
  3. クライアント及びクオントは、相手方が第1項又は前項各号のいずれかに違反すると疑われる合理的な事情がある場合には、当該違反の有無につき、相手方の調査を行うことができ、相手方はこれに協力するものとします。また、クライアント又はクオントは、自らが、第1項又は前項各号のいずれかに違反し、又はそのおそれがあることが判明した場合には、相手方に対し、直ちにその旨を通知するものとします。
  4. クライアント及びクオントは、相手方が前三項のいずれか一にでも違反した場合は、相手方の有する期限の利益を喪失させ、また、通知又は催告等何らの手続を要しないで直ちに本契約を解除することができるものとします。なお、前三項のいずれかの違反に起因してクライアント又はクオントが損害を被った場合、相手方は当該当事者に対してかかる損害を賠償するものとし、本項に基づく解除権の行使によってもこれは妨げられません。
  5. クライアント及びクオントは、前項に基づく解除により解除された当事者が被った損害につき、一切の義務又は責任を負わないものとします。

第15条(秘密保持)

クライアントは、本サービスに関連してクオントがクライアントに対して開示した非公知の情報(本レポートを含みますがそれに限られません。)について、クオントの事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取り扱うものとします。但し、クライアントは、エンドクライアントに対し、本規約と同内容の守秘義務を課した上で本レポートを開示することができます。

第16条(損害賠償)

  1. クライアントが本サービスの利用又は本契約に関連してクオントに損害を与えた場合には、クオントに発生した損害について賠償責任を負うものとします。
  2. クオントは、本サービスの利用に起因又は関連してクライアントに生じたあらゆる損害について一切の責任を負わないものとします。但し、当該損害がクオントの故意又は重大な過失によって発生した場合はこの限りでなく、この場合、クオントは、クライアントに生じた通常かつ直接の損害について、当該損害に係る個別契約の利用料金を上限として、これを賠償する責任を負うものとします。

第17条(非保証)

本サービスは、クオントがその提供時において保有する状態で提供するものであり、クオントは、本サービス(Quant及びタグ等を含みます。以下、本条において同じ。)のエラーやバグ、論理的誤り、不具合、中断その他の瑕疵がないこと、クライアントが予定している目的への適合性および有用性、有益性、セキュリティー、権限及び非侵害性について一切保証しません。

第18条(解除)

  1. クオントは、クライアントが以下の各号のいずれかに該当するときは、何らの通知又は催告なく即時に本契約の全部又は一部を解除することができるものとします。
    1. 本契約の規定に違反し、当該違反に関する催告を受領した後10営業日以内にこれを是正しないとき。
    2. 支払の停止があったとき、支払不能の状態に陥ったとき、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始若しくは特別清算開始その他これらに類する手続の申立があったとき、手形交換所の取引停止処分を受けたとき、差押、仮差押、仮処分の命令の申立があったとき、競売の申立があったとき、公租公課の滞納処分を受けたとき、又はこれらに準じる財産状態の悪化若しくは悪化するおそれがあると認められるとき。
    3. 監督官庁より営業の取消、停止等の処分を受けたとき、又はこれに準じる信用状態の悪化若しくは悪化するおそれがあると認められるとき。
    4. 第14条(反社会的勢力の排除)の規定に違反したとき。
    5. 本契約に基づいて保証した事項が事実でなかった等詐術その他の背信的行為があったとき。
    6. その他本契約を継続できないと判断する相当の事由があるとき。
  2. 前項の規定による解除は、クオントがクライアントに対して損害賠償を請求することを妨げません。

第19条(変更)

  1. クオントは、アカウントからアクセスできるウェブサイト上に変更された本規約を掲載することにより、随時本規約を改訂することができるものとします。クオントが通知を発信した日、又は第一文記載のウェブサイト上に変更後の内容の掲載が開始された日のいずれか早い方の日から15日以内にクライアントが異議を述べなかった場合、クライアントは当該変更内容に同意したものとみなします。
  2. クオントは、事前にクライアントに通知することなく、Quantの内容(運営方針を含む)及び仕様の全部又は一部を変更することができるものとします。

第20条(契約上の地位の譲渡)

クライアントは、クオントの書面による事前の承諾なく、本契約等における地位又は本契約等に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。

第21条(存続条項)

本契約等の終了原因のいかんにかかわらず、本契約等が終了した場合においても、第5条(ID・パスワードの管理)第4項ないし第6項、第6条(データの収集等)第4項、第5項及び第7項、第11条(免責)、第12条(権利関係)、第14条(反社会的勢力の排除)第4項及び第5項、第15条本文(秘密保持)、第16条(損害賠償)、第17条(非保証)、第18条(解除)第2項、第21条(存続条項)並びに第22条(準拠法及び合意管轄)の規定については、本契約等の終了後もなお効力を有するものとします。

第22条(準拠法及び合意管轄)

本契約等の準拠法は日本法とし、本契約等に関連する紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

【2016年3月31日制定】
【2016年7月21日改定】
【2017年4月3日改定】
【2018年5月9日改定】
【2018年5月24日改定】
【2018年10月1日改定】
【2018年11月27日改定】